子供の時から大事な歯を守る

>

帆の矯正の重要性

歯並びが原因で思わぬ症状に

大人になってからの歯の矯正治療はとても多くの時間と金額がかかってしまいます。
なぜ大人になってから慣れ親しんだ自分の歯の矯正をしようという人がいるかというと、歯並びの悪さから、肩こりや片頭痛に悩まされる人が多くいるからなのです。
歯並びと肩こりや片頭痛が関係するなんてなかなか想像つきませんよね。
しかし密接な関係があるのです。
それほど自分の歯は大切なものですが、高齢になるまでに自分の歯を維持できている方は、正直少ないと言えるでしょう。
原因の一つとして、歯磨きの仕方ができていない方が多く、その上歯並びが悪いと、多くの磨き残しが出てしまうからです。
長く自分の歯を維持するには、歯並びも良くした方が良いと言えるでしょう。

歯が原因での片頭痛や肩こりは簡単に治せる

片頭痛や肩こりに悩まされている方は、もしかすると歯並びが関係しているかもしれません。
しかしこの場合は、歯の矯正や歯を抜くといった長期間で大変な治療をする前にマウスピースを付けることで改善されるケースが多いようです。
マウスピースとはよく聞かれるのが格闘技などで歯を守るために自分の歯に合ったシリコンの型です。これをする事によって、かみ合わせがシリコンでカバーされてよくなり、片頭痛や肩こりが緩和されるようです。
小さいときにある程度の歯の矯正をしていると、骨格も安定し嫌な症状に悩む必要がありません。
歯の矯正は見た目だけの悩みで治療するのではなく、体の痛みを引き起こさないためにも重要だと言えるでしょう。


TOPへ戻る